泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介

ドラマ 泣くな研修医

泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介

Pocket

「泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介」と題してお届けします!

小説「泣くな研修医」は、リアルな医療現場と思わず感情移入してしまうキャラクターでファンも多い作品ですよね。

読者のなかには現役の医師も少なくないそうです。

そこで、このたびドラマ化される事になった「泣くな研修医」原作小説の登場人物を一覧で見ていきたいと思います。

役柄についてもご紹介して行きますので、最後までお付き合いくださいね!

 

泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介

「泣くな研修医」は、主人公の雨野隆治(あめのりゅうじ)を中心とした物語です。

研修医として奮闘する日々が描かれています。

隆治を取り囲むのは、仲間の医療関係者と患者たちです。

 

雨野隆治

雨野隆治は、総合病院の研修医です。

地元は鹿児島の25歳で、地方国公立大学の医学部を卒業後に上京しました。

研修医らしくがむしゃらに頑張りますが、空回りしがちです。

「なんでこんなに無力なんだ、俺。」

悩み、もがき、自身の無力さに思わず涙をこぼすような日々を過ごしています。

気持ちばかり先走り患者を救う実力が伴っていない隆治の姿には、つい応援したくなってしまいますよ。

命のために奮闘し、先輩医師や看護師、同僚たちと度々ぶつかりながらもたくましく成長して行きます。

 

雨野裕一

裕一は隆治の兄です。

ふたりがまだ幼い頃、裕一はある日急に隆治の目の前で泡を吹いて倒れ、動かなくなります。

救急車で病院へ運ばれましたが、亡くなってしまいまいました。

原因はアナフィラキシーショックでした。

幼い頃に目の前で兄を亡くした経験は隆治の家族に暗い影を落とす原因となりますが、同時に絆を強めるきっかけにもなってくれます。

 

雨野隆造

隆造は隆治の父です。

地元鹿児島でさつま揚げ屋「薩州あげ屋」を営んでいます。

大繁盛とまではいかないものの、一度新聞に取り上げられた事もあり学生たちに愛されるお店です。

裕一が倒れたその日は、雨にも関わらず店が混雑していました。

一度は長男を失うというあまりにも悲しい出来事で壊れかけた家族を取り戻すため、家族会議を開きます。

 

隆治の母は、隆造と一緒に店を切り盛りしています。

裕一が倒れた日、めったに店舗のある一階には降りて来ないはずの隆治の「兄ちゃんが変なんだよ」という訴えを一度聞き流してしまいました。

またいつもの兄弟喧嘩だと思ったのです。

真っ赤になって畳に倒れる裕一を見て、救急車の番号が分からないほどに動揺してしまいます。

隆治をトラウマから解放させてあげたいという思いで家族会議に参加します。

 

佐藤玲

研修医である隆治の直属の上司にあたります。

外科医の女性医師です。

素早く的確な判断を隆治に示すと同時に、「ミスすると患者を殺す仕事なの。それも1度のミスで」と厳しい言葉も浴びせます。

人を助けるための”優しいウソ”を教わる相手でもあります。

小説の読者からは「カッコイイ」「尊敬する」と人気を集める人物ですよ。

 

岩井

岩井は隆治の外科の指導医です。

「そんなもん見りゃ誰にでもわかるんだよ、お前以外」と手厳しい言葉をかける岩井ですが、若い頃には患者のためにサンタの恰好で励ました事もあるんですよ。

隆治もこのエピソードに一気に岩井を見直す事になります。

小説の読者からは「誰よりもリアルな存在」「現実にいそう」と言われています。

イケメンキャラとしても人気ですよ。

 

川村蒼

川村は隆治の同期で、同じ研修医1年目です。

ただし隆治とは真逆で、要領が良く成長も早い川村は合コン好きでもあります。

仕事は仕事と割り切る部分でも隆治とは対立しがちですが、根はやさしくやるべき事はきっちりこなします。

患者の事を思いやる一面もあり、「もし緊急搬送されたら隆治より川村に看てほしい」という声まで出ていますよ。

 

吉川佳代

ベテラン看護師として隆治を厳しく優しく支えるのが吉川です。

頼りになる存在で、患者との接し方も隆治にとっては参考になります。

愛嬌があるだけでなく支えにもなってくれる重要な人物ですよ。

 

はるか

はるかは隆治が川村に誘われて行った合コンで知り合ったとても魅力的なキャラクターの女性です。

仕事は教育関係の会社での営業をしています。

ある出来事でひどくショックを受けてしまった隆治を理解し、支えます。

「泣くな研修医」ではふたりの関係にそれ以上の進展はありません。

「恋愛に転ばないところがいい」という声もありますが、ふたりの関係が進展する事に期待する声が多いんですよ。

 

拓磨

ある日、交通事故による重傷患者として救急搬送されてくる5歳の男の子が拓磨です。

手術は成功しますが、厳しい状態が続きます。

拓磨の治療はハラハラする事の連続ですが、隆治にとっては大きな成長のきっかけとなってくれる男の子です。

医師としての成長だけでなく、家族と再び向き合う決心の後押しをしてくれる存在でもありますよ。

 

イシイ

イシイは隆治と同い年の入院患者で、病名はステージⅣの大腸がんでした。

治療方針をめぐり、先輩医師たちとの間で隆治は葛藤します。

”優しいウソ”をついた相手がイシイです。

隆治が最初に「死亡診断」を下すことになる患者でもあります。

書いていてリアルさを減らしたくなるほどの人物だったようですね。

隆治にとって一生心に残る患者である事は間違いありません。

 

虫垂炎の女の子

腹痛で運ばれて来た14歳の女の子に、隆治は「虫垂炎」と診断します。

佐藤と患者とのやり取りで、自身がまだまだ未熟だと思い知らされるきっかけにもなる女の子です。

また、初めての手術も担当します。

都会の現実、知識のなさ、経験の浅さなどを痛感する隆治ですが、また一歩成長する機会を与えてくれますよ。

 

認知症の老人

生活保護の胃癌患者は94歳と高齢でした。

認知症を患っています。

会議の結果、治療はしないという決定が下されます。

1人暮らしで身寄りのない高齢患者に対し、隆治は延命を考えます。

ところがこの患者がきっかけで川村と激しく衝突する事になりました。

隆治だけでなく研修医たちにとって、改めて深く考えさせられる事の多い患者となります。

 

まとめ

「泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介」と題してまとめて来ました。

原作小説を読んだ人にとっては懐かしく思い出されたでしょうか。

多くの登場人物がいる中で、感情移入してしまう役柄もいますよね。

自身の経験と重ね合わせる事ができそうな、どこか身近に感じられるような人物がたくさん登場しますよ。

ドラマにも期待です。

「泣くな研修医原作小説の登場人物一覧!役柄も紹介」でした!

-ドラマ, 泣くな研修医

© 2021 てんかいちカフェ Powered by AFFINGER5